ブログ

最新投稿
2018.01.16

没後30年 鈴木賢二展@栃木県立美術館

本日は北関東で開催されている企画展のご紹介☆
ちょうど先週末からの開幕です。

没後30年 鈴木賢二展
昭和の人と時代を描く
~プロレタリア美術運動から戦後版画運動まで~

会期:2018/1/13(土)~3/21(水・祝)
時間:9:30~17:00(入館は~16:30まで)
休館日:月曜日(ただし2/12(月・祝)は開館)、2/13(火)
会場:栃木県立美術(宇都宮市)
アクセス
公式HP

市井の人々をいきいきと描いた鈴木賢二(1906-1987)は、
版画家として、彫刻家として、そして漫画家として、
昭和という困難な時代を駆け抜けました。
その優れて前衛的な造形は、
近代美術史のなかでも存在感を示しています。

栃木県下都賀郡栃木町(現・栃木市)に生まれ、
東京美術学校(現・東京藝術大学)の彫刻科に入学後、
プロレタリア美術運動に熱中し、
漫画やスケッチで人物表現に秀でた才能を発揮しました。

今回は、鈴木賢二版画館 如輪房の全面的な協力を得て、
版画、彫刻、工芸、資料など約350点で構成。
初期から晩年までの鈴木賢二の全貌を目の当たりにできる企画展です。
是非お出かけください☆