ブログ

最新投稿
2018.09.25

横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

さて、本日ご紹介するのは銀座7丁目開催中の企画展
グラフィックデザインと密接なかかわりをもつ大日本印刷ならではの企画展です。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第368回企画展
横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975

会期:2018//9/5(水)~10/20(土)
時間:11:00~19:00
休館日:日曜・祝日休館
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
アクセス
公式HP
※入場料無料

時代の寵児として先陣を切って若者文化を牽引していた横尾忠則
1974~75年、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)による
時代小説『幻花』のために挿絵を描いていました。
2015年に兵庫の横尾忠則現代美術館にて挿絵の全原画が一般公開されるまで、
その存在を知るものはほとんどいなかったそうです。
今回は横尾忠則現代美術館協力のもと、
横尾自らが命名した「幻花幻想幻画譚」挿絵原画全371点が東京の地にて大公開。
横尾グラフィック・ワークの最高傑作が凝縮された小さな宇宙が広がります。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ginza graphic gallery)は、
1986年に大日本印刷が文化活動の一環として設立した
グラフィックデザインの専門ギャラリーです。
お食事やお買いものだけでなく,アートも気軽に楽しめるのは
銀座ならではですね!