ブログ

最新投稿
2018.12.11

ウィーン万国博覧会@たばこと塩の博物館

この時期の銀座の街のクリスマスディスプレイはとても華やか。
特に宝飾店は各店センスを競っていて、スマホで撮影していく人も多いですね。

さて本日ご紹介するのは墨田区で開催中の特別展
浅草やスカイツリーからも徒歩圏です。

たばこと塩の博物館開館40周年記念特別展
産業の世紀の幕開け
ウィーン万国博覧会

会期:2018/11/3(土・祝)~2019/1/14(月・祝)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
会場:たばこと塩の博物館
アクセス
公式HP

1873年に開催されたウィーン万国博覧会は、
日本にとっては国家として初めて公式に参加した万国博覧会であり、
残されている資料群からもその意気込みを感じることができます。

今回の特別展では、日本にとってのウィーン万国博覧会をテーマに、
博覧会への参加準備段階の資料、当時の出品物、
博覧会後の産業界の動きを示す資料を展示。
合わせて、世紀末ウィーンの画家として活躍し、
日本の芸術に影響を受けたグスタフ・クリムトの習作も展示されます。

浅草、押上は今観光でも盛り上がっているスポット。
新しいお店も続々オープンのエリアです。
事前にグルメ情報などもチェックして出かければ楽しみが倍増しそうですね。