2018.3.28買取情報【ロイヤルコペンハーゲン/ブルーフルーテッド/マイセン/ブルーオニオン/西洋アンティーク/陶磁器】

Exif_JPEG_PICTURE

北欧デンマークの高級磁器ブランドロイヤルコペンハーゲンブルーフルテッド フルレースドイツの高級磁器ブランドマイセンブルーオニオンのカップ&ソーサー、ラウンドディッシュ、スクエア・ボウルなど食器類をまとめて買取りました。両者とも高い品質を誇る名窯の美しいフォルムと丁寧なハンドペイント、飽きのこないデザインが世代を超えて愛されている名品です。

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)

デンマーク陶磁器メーカー。
正式名称は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」(The Royal Copenhagen Manufactory)。1775年、王室使用と親交のある各国の王室への贈り物を製作することを目的に設立され、現代においても格調のある芸術的な作品で世界中の王室や上流階級から絶大な信頼を得ています。 絵付けはすべて手描きで、製品のには3本のウェーブ王冠そしてペインターのサインが入れられています。

ブルーフルーテッド

ロイヤルコペンハーゲンを代表する
1775年から愛されている伝統あるパターンです。
フルーテッドとは「溝彫り」「縦縞」を意味します。
「プレイン」、「ハーフレース」、「フルレース」、
の3つのデザインがあり、縁のデザインなどが異なっています。
中でもフルレースに見られるオープンワークのレース部分は、
手作業で飾り孔がカットされ、豪華かつ優美な雰囲気を醸し出しています。

マイセン(Meissen)

ドイツ・マイセン地方で300年の歴史を誇る高級白磁窯
交差した二本の剣のトレードマークが1723年から用いられており、
刃や鍔の傾きなどは年代によって違いがあります。
食器類のほかフィギュリンや陶版画など作品は多岐に及び、
磁器の肌の美しさと丁寧なハンドペイントの絵付けが高く評価されています。
現在のマイセンは、過去の遺産である原型や資料を保管・伝承し、技術を守りつつ、
歴史ある古典磁器を完全に再現しています。
また、今を感じさせる新しいシリーズの創作にも取り組み、高い評価を得ています。

ブルーオニオン
1739年、中国写しの染付の技法を生かして完成させたブルーオニオン」
マイセンで最もポピュラーである伝統的パターンといえます。
中国の磁器の絵柄を写す際に「柘榴を玉ネギと間違えたため」
タマネギが図案として描かれるようになったといわれています。

銀座・大雅堂美術ではロイヤルコペンハーゲン、マイセン他、セーブル、ベルリンKPM、アウガルデンなどの西洋陶磁器の買取・鑑定について随時ご相談承っております。お手元のお品のご売却をお考えの際には是非ご一報ください。