2018.11.22買取情報【ルネ・ラリック/インコ/置時計/アール・デコ/アール・ヌーヴォー/ガラス工芸/西洋アンティーク】

Exif_JPEG_PICTURE

フランスのガラス工芸家ルネ・ラリック(Rene Lalique)インコの置時計INSEPARABLES)を買取りました。オパルセントガラスにパチネ(古色彩色法)を使用したラリックならではの洗練されたガラス作品です。ラリック作品は世界中にコレクターが存在するため、高値でのお買取りが可能です。

ルネ・ラリック(Rene Lalique/1860~1945)

19世紀~20世紀のフランスのガラス工芸家宝飾(ジュエリー)デザイナー
アール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代にわたって活躍し類まれな才能を発揮した巨匠。
前半生はアール・ヌーヴォー様式の宝飾(ジュエリー)デザイナーとして活躍。
後半生においてはガラス工場経営に転身。
ブランドの確立プロダクト・デザインなど時代を先取りした戦略により、
工芸技術と商業的量産を両立させ、
テーブルウェアや花瓶、香水瓶の他、レストラン、ホテル、邸宅などの装飾、
ステンドグラス、噴水など、さまざまな分野に活躍の場を広げました。

ラリックがよく使用した技法にパチネ(古色彩色法)という技法があります。
パチネとは元来は「古色をつけるという意味」で、
浮き彫り装飾をより浮き立たせるために使われる彩色法です。
また青味がかった乳白地にオパールのような輝きをみせる
オパルセントガラスもラリックが好んで使用した技法です。

銀座・大雅堂美術ではルネ・ラリックドーム・ナンシー(ドーム兄弟)、エミール・ガレ、ミューラー、ルイス・ティファニー、アルジー・ルソー、ワルター、オールド・バカラなどのアール・ヌーヴォー及びアール・デコ工芸美術品の買取り・鑑定について随時ご相談承っております。お手元のお品のご売却をお考えの際には是非ご一報ください。