2017.3.30買取り情報【藤本能道/赤絵茶碗/人間国宝/色絵/茶道具/陶磁器】

Exif_JPEG_PICTURE

人間国宝 藤本能道(ふじもと よしみち)の赤絵茶碗です(共箱)。 まろやかな肌に赤絵を主体とした色絵が施された品格のある茶碗です。

藤本能道

ふじもと よしみち 1919~1992年
東京都出身 陶芸家 人間国宝

【略歴】
1932年~加藤土師萌に師事。
1938年~富本憲吉の助手を務めながら、九谷焼系の色絵磁器の技法を習得。
1946年 日展、国展に初入選。
1956年 日本陶磁協会賞
1963年 東京都青梅市に築窯。着彩を白磁焼成の本焼工程前に行う独自の描画方法を確立。
1965年 日本工芸会東京支部展受賞、同年ジュネーブ国際陶芸展で銀賞(「赤絵大壷」)。
1968年 第31回光風会展で「礎器色絵花瓶」が光風工芸賞を受賞。
1986年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。
1992年 逝去。

銀座・大雅堂美術では藤本能道富本憲吉、荒川豊蔵、北大路魯山人、今泉今右衛門,酒井田柿右衛門などの陶磁器の買取り・鑑定について随時ご相談承っております。お手元のお品のご売却をお考えの際には是非ご一報ください。