2018.11.27買取情報【石井康治/手吹き硝子/汎状文手付器/工芸ガラス】

石井康治 ガラス花瓶

ガラス工芸作家石井康治手吹き硝子 汎状文手付器買取りました。鮮やかな色彩、何層にも重ねられ混ぜ込まれたガラスの配色の妙、流れるような曲線美、すべてが調和した美しい作品です。

石井康治(いしいこうじ)

千葉県出身/ガラス工芸作家/1946~1996

その色彩感覚には定評があり、夭折のガラス工芸家として今もなお評価が高い作家です。

略歴

1971 東京芸術大学美術学部工芸科(鍛金)卒業。東洋ガラス株式会社に入社。
1977 東洋ガラス株式会社を退社、ガラス作家として独立。
1989 千葉市に「石井グラススタジオ」を設立。
1991 青森市に「石井グラススタジオ青森工房」を開設。
1996 急逝。

銀座・大雅堂美術では石井康治藤田喬平、黒木 国昭、岩田藤七などの日本作家エミール・ガレ、ドーム兄弟、ルネ・ラリックなどの西洋作家によるガラス工芸作品、の買取・鑑定について随時ご相談承っております。お手元のお品のご売却をお考えの際には是非ご一報ください。