ブログ

最新投稿
2022.11.04

濱田庄司と柳宗理 ―ふたりの館長―@大阪日本民藝館

このところお天気もよく週末の銀座界隈は大変な賑わいです。活気があるのはいいことですね。
さて本日ご紹介するのは大阪で開催中の特別展です。

秋季特別展
大阪日本民芸館50周年記念
濱田庄司と柳宗理 ―ふたりの館長―

会期:2022/09/3(土)~12/13(火)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日 ※11/23(水・祝)は開館
会場:大阪日本民芸館(千里万博公園内)
アクセス→
公式HP→

陶芸とプロダクトデザイン、それぞれの分野を牽引した濱田庄司(1894-1978)柳宗理(1915-2011)。濱田は大阪日本民芸館の初代館長を、柳は二代目館長を務め、当館には彼らにゆかりの作品が多数収蔵されています。分野は違えども、二人の館長は大阪日本民芸館の萬集や展示に関して、一様に「新作の蒐集・紹介こそ目標であり使命」と考えていました。
本展では、大阪日本民芸館の館長としての濱田庄司・柳宗理に着目し、彼らにゆかりの収蔵品や彼らと民藝との出会いによって生まれた作品をご紹介します。それぞれがどのように民藝と向き合い、館長としてなにを遺したのか、ふたりの館長の仕事の軌跡をぜひご覧ください。